2007年11月15日

長女の勉強について

日本から引っ越してきて約1年3ヶ月。

この時点での私からみる長女の英語環境について書いて
おこうと思います。(堅い?)

5thになってから、サイエンスの授業が多くなり、宿題
もほぼ毎日でるようになりました。

内容はというと、重力、摩擦、化学反応など、日本では
小学校で習ったかしら?というようなものが多く、書いて
ある内容が簡単でも、英語で理解させるのが難しいです。

宿題としては、ワークブック1〜2ページくらいです。

算数も毎日宿題がでます。
これもワークブック1〜2ページくらい。

それから本読みを30分してからその内容について書く
宿題。

長女が行っているESOLで、ワークブック2ページ。

はじめはこの宿題にものすごく時間がかかりましたが、
今は、だいたい2時間くらいで終わらせられるように
なったかな。

それから週末は、社会の宿題として、新聞を切り抜いて、
その内容をまとめて紙に書き、週明けに提出しています。

長女は公立の学校なのですが、最近チュータリングと
称して抜き出し授業が多くなってきました。

これは去年行ったフロリダ州のテスト、「FCAT」の
成績が悪かった子供を対象にしているそうで、まず、
週3回、英語の授業に抜き出されています。長女に聞くと、
9人くらいの少人数だそうで、この授業に行っている間は、
音楽とアートの授業が受けられなくなってしまいました。

それから算数も抜き出し授業が始まるようです。
去年も今年も長女の算数の成績は良かったので、
なんで?と思っているのですが、これはあくまで
「FCAT」の成績で決まってしまうらしく、フロリダ州
の政策なのか、それともブッシュさんのおちこぼれをなく
そう政策なのか、私にはよくわかりません。

そしてESOLですが、今出ている宿題は、こちらでの
3年生レベル。授業は4年生のワークブックを使っています。

今、ESOLの授業に行っている子はクラスで4人。
長女以外は皆スペイン語を話します。
とはいっても、今年から長女を担当してくれている先生が
スペイン語を話せないようで、英語がまだよくわからない
生徒には、他の生徒が通訳をするといった具合で授業を
進めているようです。

他の外国から来た生徒には、学校から補助の先生を依頼
してもらえます。
長女の場合はだいたい週1回、日本人の先生が来られて、
ESOLの時間に取り出されて個人的に指導してもらって
います。
基本的には学校の先生と親との橋渡し的存在で、いろんな
悩みを
聞いてもらえます。

ざっとこんなところでしょうか。

それから、最近学校から手紙が来て、放課後のアートの
クラブに長女を入れることになりました。
クラブといっても、先生が生徒を選ぶようで、多分、
取り出し授業でアートの授業を受けられなくなった長女の
ことを考えて、先生が推薦してくれたのかな?

去年、学校に入った頃から比べると、よくぞここまで出来
るようになったと感心しますが、英語のレベルで言ったら
まだまだです。

日本にいるときに読んだ資料に、高学年になると、話せる
ようになるのに3年、勉強が追いつくのに5年かかると書いて
ありました。

それを考えるとまだ1年ちょっと。焦る必要はありま
せんね。

だんだん精神的に余裕がでてきたので、そろそろ勉強
以外の習い事でもしようかと話しています。

でもそうなると、また送り迎えが大変になるんだろうなぁ…




2007年11月01日

Fall Family Festival

今年も去年同様に学校でハロウィーンパーティが催され
ました。

夕方6時から8時半までのイベントで、ダンスコンテスト、
コスチュームパレード、そしてホーンテッドハウスがあり、
その他にも、クッキーを売っていたり、水でつける簡単な
タトゥーをしてもらったりと盛りだくさんでした。

今年の子供達の衣装はというと、、、、

長男  キャプテンジャック・スパロウ
    (パイレーツオブカリビアン)

長女  ちょっと可愛い系のデビル

2人とも今年はメークもしてがんばりました。

その成果もあり、長男はコスチュームコンテスト、プリK
部門でメダルもらっちゃいました!(頑張った甲斐があったわーい(嬉しい顔)


インディアンではありません。パイーレーツです!


(5th Gradeのお友達。右が長女)


(BEEの衣装が可愛かったお友達と)


(真ん中が5thの衣装でグランプリだったお友達)

長女の学年、5th Gradeは、最終学年だけあって、
さすがに皆、力が入っていて、コスチュームコンテストも
最高に盛り上がりました。

そして去年と一番違うのは、長女がお友達が沢山できたこと。

そして去年と同じだったことは、今年も足が痛くなるまで
踊っていたことふらふら

ちなみにホーンテッドハウスは、先生がお化けに扮していた
ようで、あまり怖くなかったそうです。

今日はこちらではハロウィーン当日。
天気が心配です。

『Trick or Treat』に行けるかな?

2007年09月10日

オープンハウス

OPEN HOUSEに行ってきました。

オープンハウスといっても、子供達の学校です。
なんでオープンスクールじゃないんだろう?なんて考えて
しまいますが???

まぁ、とにかく新学期が始まってすぐ、子供の保護者を学校
に呼んで、今年度の教育方針等を説明する機会のようです。

夕方6時過ぎ、早めに帰宅してもらった旦那様と共に、
学校へ。

学校からのお知らせのプリントには、子供は預けてくるよう
にと書いてあったので、友人のお宅に預かって頂いたのです
が、いざ学校に着くと、カフェテリアには子供がた〜くさん
いて、びっくり!

カフェテリアではボーイスカウトの子供達がピザやソーダを
売っていたので、そこですこし腹ごしらえをして、教室が
オープンするのを待ちました。

6時半、スペシャルエリアと称される教室に行き、そこで
ESOLの先生、そして音楽の先生に挨拶。
他には体育、スペイン語、アート、図書、カウンセラーの
先生が各教室にいて、それぞれ短い間ながら、個別に話せ
るようになっていました。

7時になり、長女のクラスに行くと、机に子供の名前が
書いた紙が置いてあったので、そこに座りました。

しばらく校長先生やPTAの話しをビデオで見た後、
担任の先生の話しに。。。

今年の長女の担任の先生は男の人で、教科としては、算数、
理科、社会を担当しています。

なかなか真面目そうな先生だったのですが、先生が子供達
の話で「クラス全員きちんとしている」と言った瞬間、
座っていた保護者(ほとんどが母親)から「まさかぁ〜!」
の声(笑)

それ以降、次から次に先生に質問、相談が浴びせられ、
教育熱心&ユニークなお母さん方の前に、先生もたじたじ
している感じでした。

その中で、子供の宿題が多すぎて、夜、泣きながらやって
いる、教科書が重くて持って帰れない、忘れ物等の相談が
出て、困っているのは我が家だけじゃないんだなぁと、
何故かホッとしてしまいましたね〜。

終了のベルが鳴り、長女の教室を出て、次に長男の教室へ。

長男は学校で最年少のクラスなので、ここはまた雰囲気が
違い子供達の学校内での様子が写真で張り出されていたり、
作品が置いてあったり、いろいろと工夫された教室でした。

長男は、家では学校のことをほとんど話さないので、先生に
仲良しの男の子の名前を教えてもらったり、先生の英語が
理解できているのか質問したりしました。

教室めぐりが終わり、子供達を迎えに行き、家に帰りつい
たのは、8時半頃。

去年と違い、学校の中のことが少しずつわかってきている
からか、あまり右往左往せずに回れたし、案外先生から長女
&長男の様子を教えてもらえ、楽しく過ごしているのが
わかったので、行ってよかったです。
(もちろん旦那様も安心したようです)



2007年09月05日

早いもんで。。。一年経ちました

タイトル通り、去年の9月2日にマイアミに来てから
1年が過ぎました。

1年も日本の地を踏んでいないなんて!!!信じられない!!

でも、そんな気がしないのは、なんででしょうね〜?

多分、なにもかも新しい事ばかりで、必死だったからかも
しれません。

さて、新学期が始まり、2週間がすぎ、大分子供達も落ち
着いてきたようです。

長男のプリーKは、ほとんどお遊びのようで、勉強らしき
ものはしていないようですが、トイレに行くのも手をあげて、

「Can I go to the bathroom?」

と言わなければいけないらしく、日本では当たり前かも
しれませんが、長男がちゃんと出来ているのか心配です。
(相変わらずのシャイボーイなので^_^;)

長女はほぼ毎日、算数、理科、本読み、ESOLの宿題が出て
います。

4年までは金曜はほとんど宿題が出なかったのですが、
5年になると、週末の新聞から記事を切り取り、あらすじ
と感想を書くレポートの宿題が出ていて、補習校の宿題と
その宿題とで日曜も遊ぶ時間があまりない状態です。

そういえば、先週の土曜、長女と一緒にスターバックスで
お茶をしていてふと宿題のことを思い出し、長女に新聞を
買っておきなさいとお金を渡しました。
(スターバックスに新聞が置いてあるのを友人から聞いて
いたので)

長女はしばらく何種類かの新聞を見比べて、安部総理の写真
が載っている新聞を買ってきました。

家に帰り、さて、なにか簡単な記事はないかと新聞を見てみ
ると。。。。

その新聞には

   el Nuevo Herald

と書いてありました。

 これってスペイン語。。。。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

さすがにスペイン語の新聞はね〜 無理ですexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)

改めて旦那様に買いに行ってもらいましたとさ!!

さすがマイアミでしょ?(笑)


2007年08月21日

現地校スタート!

オーランド旅行記はちょっとここで中断して。。。

8月20日、長女のエレメンタリースクールが始まり
ました。

約2ヶ月と3週間の夏休み。。。長いようで短かった
ですね〜。

今日から長女は5th Grade。そして長男は同じ学校の
Pre-Kに入ります。

朝から学校は大混雑!パーキングが少ないので、校庭を開放
して停められるスペースを作っても足りないほど!

各学年のクラス分けや教室は、カフェテリアに張り出されて
いて、それを見てから教室に入るようでした。

まずは長女を教室まで送ります。4年の時から仲良くして
いて、同じESOLに行っているマリアナちゃんと再びクラスが
一緒で、長女はちょっとホッとしてましたね。

それから長男のクラスへ。
朝起きてから自分で制服に着替え、食事もばっちり摂って、
あまり緊張している様子がなかったのですが(逆に私が緊張
してました)、さすがに教室に入ってから、渡された絵本を
凝視して動かない姿がなんだか可笑しくて、ガマンしている
んだなぁ〜って感じていじらしかったです。

初日学校へ持って行ったもの(サプライリストです)

長男…レインコート、着替え一式、お昼寝用の枕と
   ブランケット、ランチボックス、ジュース、お菓子
   Wipes(ウエットティッシュ)、ハンドソープ
   ティッシュボックス、Lysol spray(除菌スプレー)
   バックパック(リュック)


長女…書ききれないくらいの文房具ふらふら

お迎えの時、長男も長女も笑顔で帰ってきてくれました。

長女は早速宿題が出たようで、またこれから毎日宿題に
追われる  日々が続くのかと思うとちょっとブルーになり
ますが、なんとか頑張ってくれるでしょう〜!
(すでに他人事?^_^;)

私も学校が落ち着いてきたら、なんか始めようかな?

2007年06月01日

4年生終了〜!(やったね!)

とうとう現地校終了日ビル

いつもは車から降りずに長女をピックアップするのですが、
最後なので、駐車場に停めて待っていました。

終了のベルが鳴り、子供達がどっと出てくると、さすがに
終了日ともあって、なんだかざわざわしていました。

特に5年生は今度はミドルスクールになる為、この小学校
とはお別れ。目を真っ赤にしていたり、友達同士抱き合って
泣いている姿を見て、私もなんだか目頭が熱くなってしまい
ました。

学校ではほとんど授業がなく(スペイン語の授業だけあった
と言っていましたが)ゲームをしたりして遊んでいたようです。

年間アルバムにサインをしてもらい、お互い写真を取り合い、
4年生最後の学校が終わりました。

last day4th.JPG
(クラスメートからサインをもらった年間アルバム)

last day 4th2.1.jpg
(クラスメートとの写真)

マイアミに来て、全くといっていいほど英語がわからずに
4年生に編入した9月から丸9ヶ月。早かったなぁ。。。

初日の緊張した顔が忘れられません。

お友達と仲良くうつっている写真を見て、親としてはそれ
だけで感無量ですハートたち(複数ハート)

さて、これから約3ヶ月弱の長い長い夏休み!
サマースクール&キャンプ等ありますが、今日からどう過ご
しましょう〜たらーっ(汗)




2007年05月30日

Award Assembly

長女の学校で、Award Assemblyというイベントがありました。

前から招待状をもらっていたにも関わらず、日にちを勘違い
して  しまい、残念ながら出席できず。。。もうやだ〜(悲しい顔)

長女の話によると、FCAT(フロリダ州立テスト)の成績
優秀者等が表彰されたのだそう。

そして長女がもらってきたのが、これです。

award1.JPG

胸についているのが、ESOLのレベルがあがった子がもらえる
メダル。

左手に持っているのが、ミュージックと書いてあるので、
多分音楽の成績が良かった子?なのでしょうか。。。

「来年はもっといっぱい取れるようにがんばるんだ!」

と長女は意気込んでいました。

事あるごとにイベントにして子供を褒め称えるアメリカの
教育はさすがだな〜と感心します。

昨日はその後に、4年生だけ特別に?本物のマジシャンを
呼んで  マジックショーも開かれたそう。(事前に寄付
依頼が来ていました)

腕が切れちゃうマジックや、本物のウサギが現れるマジック
などを披露してくれたようで、子供達は大喜びだったことで
しょう。

そして学校が終わる最後の2日間は、バッグパックを持って
こないように言われ、持って行ったお友達は先生にきつ〜く
叱られたんだそう。(可哀想に。。)

今日は年間のアルバムとサインペン、そしてカメラだけを
持って学校へ行きました。

現地校4年生もあと残り1日です!




2007年05月09日

長女のお友達を呼ぶ!

前に長女の現地校でのお友達の家に遊びに行った話
ブログに書いたのですが、今回は反対にそのお友達を我が家
へ呼ぶことになりました。

よく晴れた晴れ日曜日の午後、お母さんに車で送ってもらって
お友達(女の子)到着。1才違いの弟君も一緒車(セダン)

さっそく長女はお友達を自分の部屋に案内して遊び始め
ました。
すると、我家の長男、何故か張り切って一緒に来た弟君と
遊ぼうと必死!
弟君は4歳の子にひっぱられてあっちにこっちにといい迷惑
ですふらふら

そのうち、テレビにつなげて遊ぶゴルフゲームゴルフを見つけ、
皆で夢中になって遊び始めました。

女の子組もソフトクリームを作ったり、ゲームをしたり、
しばらくしてから、すぐ近くにあるプールで泳いだりして
気がつけば夕方になっていました。

案ずるより生むが易しでしたね。
呼ぶ前は、何をしたらあきないで遊べるかとかいろいろ
考えて心配をしていましたが、子供はそれなりに楽しいこと
を自分達で見つけてくれるようです。

長女が頑張って少ない語彙ながら、英語で
コミュニケーションをとっているのもよくわかったし、
長男も大人にはシャイなくせに、子供には積極的に
「Come on!」とか言ってるし(笑)

私にとってもいろんな発見がありましたわーい(嬉しい顔)

子供達がもっともっとたくさん友達を作って、こんな機会
が増えればいいな〜と思っています。

2007年05月01日

マルチカルチュアルショー!

長女の学校で、先週、マルチカルチュアルショーという
イベントがありました。

テーマはずばり「世界!!」

世界の国々の歌をうたってみましょう〜!!ということの
ようです。

発表するのは3年から5年生。

発表の前の週、ホームルームティーチャーに、
「日本の曲を歌うから、日本のデコレーションを何か持って
 きてくれない?」と言われ、あれこれ考えた結果、折り紙
で桜や鶴等を折っていきました。

当日は、朝から長女に着物を着せ(義母から頂いたもので、
簡単に着せられ、とても助かりました)
髪もまとめて、気分は大和撫子!!わーい(嬉しい顔)

長女のクラスはイタリアの「フニクリフリクラ」と日本の
「サクラ」を歌いました。
(サクラ〜るんるんサクラ〜るんるん弥生の空は〜るんるんのサクラです)

italy.JPG
karateを習っている子供は胴着で参加

sakura1.jpg
下駄のせいか、一番大きい?!

え〜、感想としては、「サクラ」という歌は、難しすぎたの
ではないかと思いました。唯一頼みの綱の長女が、この歌を
日本では習っていなかったので、頼りにならなかったんです
ね〜ふらふらゆえに、他の曲に比べて声が届かない。。。
つまり聞こえない。。。もうやだ〜(悲しい顔)

私個人としては、「上を向いて歩こう」を歌って欲しかった
な〜(こっちでは「スキヤキ」でしたっけ?)

長女が帰ってきてから聞くと、やはり先生に声が出ていない
ので、ちゃんと家で練習してくるようにと注意されたそうで、
翌日の2回目の発表では、大きな声で歌ったそうです。

この他にもメキシコの歌を歌ったクラスは、カウボーイ
ハットにバンダナをしていたり、ハンドベルで
「イッツアスモールワールド」を演奏したり、なぜか
縄跳び(こちらではジャンプロープといいます)を音楽
に合わせて発表したりと、バラエティーに富んでなかなか
見ごたえのあるショーでしたわーい(嬉しい顔) 



2007年04月24日

プレイデート!

長女の現地校のお友達から手紙をもらいました。

「週末、○○(長女の名前)に私の家に来てもらって、
 一緒にプールに行ってもいいですか?」

といった内容。

長女に聞くと、行きたいと言うので、手紙でOKの返事を
して、その週末の日曜にお友達の家に連れていきました。

玄関をたたき、ドアが開くと、家族みんなパジャマ姿。がく〜(落胆した顔)
(お母さんの姿が見えないし。。。)

なんだかきちんと話しが伝わってなかった様子で焦りました  
が、ここまで来て連れて帰るわけにも行かず、お父さんに
お迎えの時間を確認してから、長女を置いて帰りました。

夕方6時半ごろ迎えに行き、帰りがてら話しを聞くと、
ビデオを見てから近くのプールで長い時間遊んでいたそう。

お友達のお母さんが、マカロニチーズやポップコーンを
作ってくれて、とっても美味しかったようです。

またいつでも遊びにきてね〜!なんて言われて喜んでい
ますが、今度はうちに呼ばないと!
(遊びにきてくれるかしら?)






2007年04月17日

カンファレンス(面談)2回目

先週の木曜日、学校で面談がありました。

前回は、個人的に、先生に直接予約をいれて、お願いした
ものでしたが、今回は、希望した保護者全員が面談するとい
うものでした。
なのでマイアミデードのパブリックスクールは11:45amで
終了。

長女に聞くと、ESOLの授業の後、太鼓の演奏会を見て、それ
からカフェテリアでお弁当持参の人以外、皆スペシャル
ランチボックスが配られたんだそう。

面談はもちろん旦那様に会社を抜けてもらい、二人で参加
してきました。(日本だったらありえないな〜)

今回もESOLの先生とMATHの先生、同時面談でしたね。

先生達の話すスピードやくせに慣れたのか、前回よりは
少しは聞き取れたんじゃないかなぁわーい(嬉しい顔)

ESOLの時と、MATHの時では、長女の態度が違うのか、ESOL
の先生には、よく話をしてくれる言われ、MATHの先生には、
相変わらずおとなしい生徒と言われてしまいました。。。

夏休みの勉強のアドバイスや、これからのESOLのレベル
アップの話しをして、約20分(本当は10分面談だったの
ですが)で終えました。

面談を待つ間、少し時間があったので、長女の教室を覗く
と、面白いものを見つけました。
長女が授業で書いたものですが、全然知らなかった旦那様
は、ものすごく嬉しかったみたいわーい(嬉しい顔)

テーマはMy Hero

hero.JPG

hero2.JPG
(文法は大分間違っていますが、それでもうれし♪)



2007年04月02日

恐怖のサイエンスプロジェクト!

今から1ヶ月ちょっと前、長女が大変な宿題を持って帰って  
きました。
それは。。。。

    SCIENCE PROJECT !!

大きな宿題は免除されているとはいえ、この宿題はやらなけ
ればならないみたいで、慌てて学校の先生に聞いたり、
家庭教師の先生に聞いたり、もう大騒ぎがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)!!
(当の本人は他人事のようでしたがふらふら

おおまかに言うと、このサイエンスプロジェクトとは、
自分で考えた問題(もちろん理科系)に基づいて、実験
をし、インターネットや本の資料を調べ、結果を出し、
まとめるといった作業の宿題なのです。

今までそんな宿題やったことない上に、英語でまとめる
なんて長女には不可能な話で、結局家庭教師の先生に
おんぶに抱っこで手取り足取り教えて頂かなければなりま
せんでした。

実験&資料のまとめが終わると、次は見やすいように指定の
ボードに貼る作業があります。

提出期限が迫ってきているため、週末、材料を買いに行き、

scienceproject1.JPG
Get Smart で買いました

見よう見真似で頑張ってなんとか仕上げました!!

scienceproject3.JPG
ちなみに内容は『くぎのさびと腐食について』です

え〜、実験の内容はともかく、出来栄えは、初めてにしては
なかなかじゃないかと。。。^_^;
(あれ?長女がやったとこはどこだっけ?(笑))

とりあえず期限に間に合ってよかったぁ\(^o^)/


ただ、このサイエンスプロジェクト、毎年あるんだそうがく〜(落胆した顔)

来年はがんばって自分で出来るようになってね!
 (長女へのメッセージです)グッド(上向き矢印)

2007年03月21日

クッキー争奪戦!

FCATが終わって、なんだか遊び癖がついてしまった
長女。まったくやる気なしで毎日宿題をさせるのが一苦労
ですふらふら  

と、それはいいとして、最近の長女が話してくれた学校で
のエピソードが面白かったのでご紹介〜るんるん


それは、あるランチの時間、学校のカフェテリアで、長女が
買ったクッキーを隣りに座っていたA君が欲しがったこと
から始まりました。

長女はお腹がいっぱいだったので、そのクッキーをあげよう
とすると、目の前のB君も欲しいと主張。

A君がそれならとクッキーを半分に割り、半分ずつにして
B君に渡すと、B君何を思ったのか、全部よこせと猛抗議

そこへC君が、半分の、そのまた半分をくれと参戦

たまりかねたA君、最後の手段で、クッキーをべろべろと


     舐めた〜



それを見ていたまわりは一斉に

エオ〜!!(気持ちわる〜!!)」

だったとさexclamation×2


A君、どうしてもクッキーを死守したかったんでしょう
ね(笑)





2007年03月16日

初めてのスリープオーバー

先週の土曜日、長女は初めてお友達の家へ遊びに行くこと
になりました。

長男がプレスクールの友達の誕生パーティに呼ばれたり、
知り合いのお子さんが補習校帰りに友達同士で遊びに行った
りしているのを横目で見ながら、

「どうして私だけ呼ばれないの?もうやだ〜(悲しい顔)

と気にしていただけに、今回のお誘いは、物すご〜くうれし
かったよう。

当日は、補習校で着ていた服を着替え、何故だか靴下も
新しいものに取替えて(お友達の家を汚しちゃいけない
から!と本人談)いそいそと出かけていきました。
(というか私が車で送って行ったのですが。。。)

夕方お迎えに行くと、他のお友達も泊まるし、長女も
泊まっていけば?と誘われて、そのままスリープオーバー
させてもらうことに!!

アメリカでは子供が友達の家に泊まることをスリープ
オーバーというそうです。

翌日帰ってきた長女は、公園で遊んだり、イースター用の
チョコレートを皆で作ったり、夜はブラックキャットと
いう遊びをしたりとその日あったことぜ〜んぶ一気に話し
てくれました!(目をキラキラさせながら目ぴかぴか(新しい)

そして、よほど楽しかったのか、あったことを忘れない
ようにと、自分から日記をつけるほど!!

このスリープオーバーは、アメリカに来てからの長女に
とって、忘れられない一夜になったようですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)







2007年03月12日

Spring Fling Fun Fair

今週末は、長女の学校でスプリングフライングファン
フェアー(長い!(>_<))がありました。

もう学校で見るのは何回目でしょうか、エアーバルーンを!

funday0.JPG

funday.JPG

funday2.JPG

そして今回は、チューチュートレイン が登場ぴかぴか(新しい)
写真では判りづらくてすみません

funday3.JPG

その他には、子供向けのミニゲームコーナーがありました。

ここのところマイアミは毎日快晴かわいいで、この暑さに
まだ慣れていない私は、長い時間外にいられませんふらふら
(真夏になったらどうなっちゃうんでしょう〜!!)

ということで、早々に退散いたしました。

もし今度昼間にイベントがあった時は、パラソル&チェアー  
を持参しようと思います。




2007年03月10日

デイタイムスランバーパーティ

長女が数日前、学校からお便りメールをもらってきました。

内容としては、こうです。

「今までFCAT(フロリダ州統一テスト)で、子供達は
 一生懸命頑張りました。そこで、子供達を休ませてあげる
 為、デイタイムスランバーパーティを行いたいと思います。
 以下の物を用意して持ってきてください!」

スランバーパーティ(Slumber Party)とは、子供達のお泊り  
会の事です。それが昼間にあるということですね〜。

用意するものは、

 ☆Sleeping Bag (寝袋)
 ☆Snack (ポテトチップやクッキー、ポップコーン)
 ☆Book(面白い本)
 ☆Flashlight(懐中電灯)
 ☆Slippers(スリッパ)
 ☆Boad game(ボードゲーム)
 ☆Pajama(パジャマ)

当日は、パジャマで登校です。
よく、パジャマデーがアメリカの学校ではあるよ!と
は聞いていたのですが、いざ、子供がパジャマで学校に
行くとなると、他のお子さんがパジャマを着ているのを
確認するまでは不安で不安で。。。たらーっ(汗)

朝、子供達が思い思いのパジャマを着ているの見て、やっと
安心して送り出しました。

学校が終わり、迎えに行くと、もちろん長女はパジャマ
のまま(笑)

どうだった?と早速興味津々で聞くと、

音楽音楽と体育スポーツの授業があり、それもパジャマで受けたの
だそう。 
それからは、ピザを食べたりお菓子を食べたり、ビデオを
見たり、先生が本本を読んでくれたりハートたち(複数ハート)

最後には懐中電灯ひらめきと寝袋を使っておばけごっこexclamation×2

まぁ、実際に寝ることはなかったようですね(笑)

こうして子供達はリフレッシュしてまた日々の勉強を
頑張るのでしょうね。

アメリカの学校ってホント自由だな〜と感じました。






2007年03月02日

B型肝炎ワクチン(長女編)

今日は長女を病院へ。

B型ワクチンの3回目をお願いするのと、長女はまだ
ホームドクターを登録していなかったので、登録の為に
ヘルスチェックをする目的でした。

先生、まず長女の顔を見るなり、おでこのニキビに注目!

簡単にヘルスチェックを済ませると、部屋を出て行き、
戻ってきた時には、手に薬が!!

「これを毎日寝る前に少し塗るといいよ」

とニキビを治す薬を処方されました!
さすがホームドクターるんるん

肝心のB型肝炎ワクチンは、今回も

「必要ないよ」

だそうで。。。。ふらふら

日本では、一定期間の間に3回注射しなくては免疫が
つかないと聞いていましたが、アメリカではそんな解釈
ではないようです。
(実際のところ、長女は香港に住んでいる時に2回注射
 しているので日本も含めると4回打っているんです)


長男同様、長女に関しても、予防接種は11歳になってから
という話しになり、ヘルスチェックの紙を記入してもらい、
帰ってきました。

長女は学校を休めて大喜び!

「お昼ご飯どこか食べに行こうか?」

と言ったら、

「マック!!わーい(嬉しい顔)

だそうで。。。。
(おとといも長男リクエストでマックだった私はふらふら)   





2007年02月22日

お腹が痛い。。

今週の月曜はプレジデントデーの為、学校がお休み。

3連休だったわけです。

火曜日、朝から長女がお腹が痛いとぐずぐずしていたの
ですが、私はまた精神的なものだろうと、気にもせず、
学校に送っていきました。

そして、2時間後、長女の学校から電話が。。。
案の定、具合が悪いので迎えに来て欲しいとの電話でした。

すぐに迎えに行くと、前回と同じくオフィスにスクール
ナースと一緒に長女が座っていました。

やはり今回もコミュニケーションが出来ないので、私が
通訳することに。

精神的なものだと思うけど、今日は連れて帰るということ
を話し、帰りました。

家に着くと(いやその前から)長女は元気になり、昼食は
マクドナルドのナゲット10個と私のハンバーガーを半分。
そしてポテトとスプライト大(アメリカのサイズは巨大)
をペロッと平らげてしまいました。

お腹が痛い人とは思えない。。。がく〜(落胆した顔)

現地校に通い始めて約半年、本人は友達関係も上手く
いっているし、問題ないと言っているのですが、時々
こういう形で精神的に弱いところがでるようです。

まだ言葉の壁は厚く、なかなかコミュニケーションが
できない中での学校生活は相当大変なものがあるので
しょう。

長女がなんの不自由なく学校で勉強できるようになった
時、きっとお腹が痛い病はなくなるのかもしれません。






2007年02月12日

バレンタインの準備(長女編)

長男のバレンタインのカードの準備は、母親がぜ〜んぶ
やらないといけないのですが、長女は、小4ともなると
ほとんど自分でやってくれるのでとっても楽チンですわーい(嬉しい顔)

長女は学校の先生と、仲の良い何人かのお友達に、
手作りのカードとチョコレートケーキをあげることを
決めました。

平日はなかなか時間が無いため、週末にリハーサルと
称して自分でネットで探し出したレシピでチョコケーキ
作り。。。

私が一切手を出さずに自分で作ったのは初めてじゃない
かなぁ。。。

思いがけず(ごめん。でも本当にそう思ったのよ〜
上手く出来たので本人も得意げでした。

その出来栄えはこちらぴかぴか(新しい)

varentain1.JPG

写真を撮り終えた後、長女が食べてしまいましたふらふら
本番は当日の朝に作るのだそうです。

2007年02月10日

Family Friendship Dance

今日はファミリーフレンドシップダンスデーということで、
夕方6時から長女の小学校へ。

前もってディナーとダンスのチケットを1人8ドルで
購入していたので、まずは腹ごしらえに、
ディナープレートを取りに並びました。

ディナープレートは、Baked Ziti(トマト味のパスタ)、
Caesar Salad(シーザーサラダ)、Baked roll(パン)
というメニュー。意外と美味しいんです。

 gohan.JPG

そして、ダンスホールは学校のカフェテリア。
結構いい感じに様変わりしてるでしょ?カラオケ

体育館.JPG

長女はふつうの格好をして行ったのですが、多くの友達は
ドレスアップして来ていましたね〜。
(来年はねだられそう〜ふらふら

ガンガンとダンスミュージックが流れる中、何故か1人
踊り狂う長男の姿。。。

shundance.JPG

おかげで、壇上から目立ったのか、記念品までもらって
しまいました。

最後は長女が思いっきり足を踏まれ、前回のハロウィーン
パーティに引き続き、足を引きずりながらの帰宅となり
ました。 ちゃんちゃん(笑)